トップページ | すべての記事を表示 | RSS購読

インターネットで
24時間申し込みできます

≪独自審査で来店不要!≫
株式会社アローのWEBキャッシング!

過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)
即日融資に対応しています!
現在、積極融資中!!
申し込みは今がチャンス!!

【店舗移転とキャンペーンのお知らせ】
アローは平成28年6月20日に、業務拡張に伴い、店舗移転しました。
この店舗移転に伴い、平成28年7月1日~平成28年9月30日まで、【新規獲得大キャンペーン】が実施されます。
アロー広報によると、承認率も通常より大幅に上げてゆく予定とのことなので、申込みの大チャンスです!


リボルビング契約に対応しています!!

カテゴリ

リンク

プロフィール

Author:消費者金融研究会
キャッシングのアローでの借入と審査について解説しています。
比較的審査が通りやすく、今、話題の消費者金融です。

「備考欄」を活用して、誤解されないように対処する

アローをはじめ、現在、多くの中堅消費者金融会社インターネットキャッシングを展開しています。
中でも、アローのように融資対象地域が全国エリアの会社は、日々、かなり多くの申込みが発生することになります。
業者側は、これら数多くの申込みに対して、限られた時間内で、審査を完了することを求められているので、その審査の流れは、基本、減点主義で、“融資できそうな申込者に絞り込む”という作業になりがちです。
よって、“疑わしきは否決”となるのが一般的です。
そのような審査の中では、本来、融資可能であった申込者も、業者側の誤解やあらぬ疑いなどによって、否決となっている可能性があります。
通常、キャッシング審査において、申込者には否決理由は教えてもらえません。よって、もし、それが誤解やあらぬ疑いによる否決であっても、申込者には弁解する機会はないので、否決のままということになってしまいます。
アローをはじめ中堅消費者金融会社に申込みをする方は、このような、あらぬ誤解や疑いを持たれぬように、自分自身で対処する必要があります。

ケーズ①
【指定信用情報機関の更新漏れによる誤解】
アローをはじめ、消費者金融会社の審査では、指定信用情報機関を利用した返済能力調査が行われることになります。この指定信用情報機関の情報は、加盟会員である、各貸金業者が
更新報告をすることで、最新の情報を保っています。
しかし、中には、義務である更新を怠っていたり、間違った報告をしている業者もあります。
これは、特に自己破産をした方の信用情報によく見受けられます。
(実際は自己破産免責済なのに、信用情報上、破産情報は末梢されて、延滞事故情報だけ残っているような状態)
●対処方法
アローでは過去、自己破産債務整理をした方も審査対象にしていることを公言しています。自己破産債務整理をした方は、指定信用情報機関の更新漏れで否決にならぬように、自ら、自己破産、した経緯があることを「新規お申込みフォーム」「備考欄」に入力しておくことをお勧めします。

ケース②
【居住年数・勤続年数の誤解】
消費者金融会社の審査で、居住年数や勤続年数は、重要なポイントになります。
居住年数、勤続年数が長いことは評価されますが、逆に短いと、生活が不安定という理由で否決になりかねません。
しかし、居住年数0年という場合でも、例えば、「単身赴任先から自宅に戻ってきたばかり」というような方もいますし、
勤続年数0年という場合にも、「関連会社へ転属になった」というような方もいます。
●対処方法
上記のようなケースの場合は、その理由では否決対象になりえないと思われます。
誤解がないように、やはりそのことを「新規お申込みフォーム」「備考欄」に入力しておくことをお勧めします。


「備考欄」を活用して、誤解されないように!





関連記事

検索フォーム

最新記事

ようこそ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファイナンス
140位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
30位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

免責事項

当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。