トップページ | すべての記事を表示 | RSS購読

インターネットで
24時間申し込みできます

≪独自審査で来店不要!≫
株式会社アローのWEBキャッシング!

過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)
即日融資に対応しています!
現在、積極融資中!!
申し込みは今がチャンス!!

【店舗移転とキャンペーンのお知らせ】
アローは平成28年6月20日に、業務拡張に伴い、店舗移転しました。
この店舗移転に伴い、平成28年7月1日~平成28年9月30日まで、【新規獲得大キャンペーン】が実施されます。
アロー広報によると、承認率も通常より大幅に上げてゆく予定とのことなので、申込みの大チャンスです!


リボルビング契約に対応しています!!

カテゴリ

リンク

プロフィール

消費者金融研究会

Author:消費者金融研究会
キャッシングのアローでの借入と審査について解説しています。
比較的審査が通りやすく、今、話題の消費者金融です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アローの審査は他社の過去支払い状況も重視されます

現在、アローをはじめ、消費者金融会社に借入れの申込みをした場合、審査において指定信用情報機関への照会が必ず行われます。(アローが加盟している指定信用情報機関は株式会社日本信用情報機構JICC)です。)
JICCの調査では、借入件数、金額の他に、「直近12か月の延滞日数」が表示されます。
この「直近12か月の延滞日数」は、キャッシング審査において、かなり重要なポイントになるので要チェックです。

【以前は、延滞日数は判明しなかった】
以前は、JICCを照会しても、このように、過去の延滞日数などは判明しませんでした。
もちろん、現在、遅れているか否かの判別はできましたし、長期間延滞して事故情報が発生していることなどは判明しました。
しかし、3か月未満の延滞をどのくらいの頻度でしてしまっているかなどは全く不明であったので、たまたま現在、返済は遅れていないが、毎回のように、相当日数延滞が続いてしまうような、返済困難な状況にある方などにも融資をしてしまう危険性もありました。
しかし、現在は、この「直近12か月の延滞日数」は申込者が他社の返済に行き詰っていないかを判断するための材料になっており、消費者金融会社のキャッシング審査において重要な役割を担っています。

アローでも他社の過去入金状況は重視されます】
もちろんアローの審査も例外ではなく、この「直近12か月の延滞日数」は重視されます。
ズバリ断言すると、
毎回、延滞が続いているような方は、たとえ現在、延滞していなくても、キャッシング審査は通過しません。
もちろん、2~3日のわずかな日数であれば、可決となる可能性もありますが、7日以上の延滞が毎回続くような方は、まず審査通過は困難だと言えます。
このような状態の方は、何らかの事情で、返済に行き詰っている方と見なされてしまいます。

これから、アローへ申込みを検討している方は、現在、利用中の業者への支払も遅れないようにご注意ください。


アローへの申込みはこちらの公式ホームページからどうぞ!





関連記事

検索フォーム

最新記事

ようこそ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファイナンス
210位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
42位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

免責事項

当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。