トップページ | すべての記事を表示 | RSS購読

インターネットで
24時間申し込みできます

≪独自審査で来店不要!≫
株式会社アローのWEBキャッシング!

過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)
即日融資に対応しています!
現在、積極融資中!!
申し込みは今がチャンス!!

【店舗移転とキャンペーンのお知らせ】
アローは平成28年6月20日に、業務拡張に伴い、店舗移転しました。
この店舗移転に伴い、平成28年7月1日~平成28年9月30日まで、【新規獲得大キャンペーン】が実施されます。
アロー広報によると、承認率も通常より大幅に上げてゆく予定とのことなので、申込みの大チャンスです!


リボルビング契約に対応しています!!

カテゴリ

リンク

プロフィール

消費者金融研究会

Author:消費者金融研究会
キャッシングのアローでの借入と審査について解説しています。
比較的審査が通りやすく、今、話題の消費者金融です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

審査に泣き言は逆効果です!

以前、「アローの「備考欄」には何を入力するのか」でも触れましたが、
アローをはじめ消費者金融会社の申込みをするときに、例えば、
「生活費に困っていて、もうここしか頼る所がありません。どうかお願いします。」
「子供の医療費が足りず、どうしても必要です。どうかお願いします。」
といった同情を誘うような類の泣き言を、入力したり、話してくる人がたまにいます。

なんとかして借りたいといった気持はわかりますが、そのような泣き言を話しても、消費者金融会社が申込者に同情して、本来の審査基準を超えて融資をすることは、まずあり得ません。それどころかむしろ逆効果となることもあります。
このように、審査担当者に、必要以上に切羽詰まった印象をあたえることは得策ではありません。
本来、可決予定だったものまで、否決となってしまうことも考えられます。
それと同じで、融資までの時間を必要以上に焦っている方も、逆に敬遠されることになります。
消費者金融会社の立場になって考えれば、これから融資をしようという相手が、切羽詰まって焦りまくっている状態であれば、
「このような状態の人に融資して、はたしてきちんと返済いただけるのだろうか。融資は控えた方が無難かもしれない。」
と思われかねないことは理解できると思います。

アローのキャッシング審査に向かうときは、焦る気持ちをグッと抑えて、毅然とした態度で望まないと、本来、可決であったのに否決となりかねません。


株式会社アローへの申込みはこちらからどうぞ!





関連記事

検索フォーム

最新記事

ようこそ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファイナンス
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
34位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

免責事項

当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。