トップページ | すべての記事を表示 | RSS購読

インターネットで
24時間申し込みできます

≪独自審査で来店不要!≫
株式会社アローのWEBキャッシング!

過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)
即日融資に対応しています!
現在、積極融資中!!
申し込みは今がチャンス!!

【店舗移転とキャンペーンのお知らせ】
アローは平成28年6月20日に、業務拡張に伴い、店舗移転しました。
この店舗移転に伴い、平成28年7月1日~平成28年9月30日まで、【新規獲得大キャンペーン】が実施されます。
アロー広報によると、承認率も通常より大幅に上げてゆく予定とのことなので、申込みの大チャンスです!


リボルビング契約に対応しています!!

カテゴリ

リンク

プロフィール

消費者金融研究会

Author:消費者金融研究会
キャッシングのアローでの借入と審査について解説しています。
比較的審査が通りやすく、今、話題の消費者金融です。

WEBキャッシングの弱点を理解しておく

アローをはじめ、現在、多くの消費者金融会社がインターネットから申込みが可能な、いわゆるWEBキャッシングを採用しています。
来店の必要もなく、24時間365日、申込みが可能なので利便性も良く、スマートフォンが普及している、現代にマッチした申込み方法だと言えます。
このWEBキャッシングを導入することで、ユーザー側だけでなく、消費者金融会社も受付にかける人員を大幅に削減できるので、少人数で大量の申込みを処理できるようになり、法改正前後の収益低下したビジネスモデルに適していると言えます。
しかし、一見、良いことずくめと思われるWEBキャッシングも、その便利さゆえの、弱点があるので、理解しておいた方が良いでしょう。

【一次審査には弁明の余地がない】
以前、「アローへの申込みレポート」でも詳しく記しましたが、アローの審査には、一次審査と二次審査があります。
内、一次審査は、申込みフォームへ入力された内容と、指定信用情報機関の情報だけで判断されることになります。
この審査の段階では、申込み者から、弁明をする機会は基本的にはありません。
そのため、指定信用情報機関の更新漏れなど、本来可決となるのに、誤解によって否決になるケースも、実は多いと思われます。

【審査では、疑わしきは否決になります】
申込者から、よくよく事情を聞けば、本来、可決となるかもしれませんが、一次審査は、単純な書面審査なので、勘違いや誤解で否決となってしまうことがあります。
具体的には次のような項目が考えられます。
・本来、自己破産や債務整理をして、過去の負債は消滅しているはずなのに、指定信用情報機関の更新漏れで、長期延滞のままの状態になっている。
・指定信用情報機関の借入状況が「該当なし」の状態で、不審に思われる。(5年以上前に自己破産をしており、それ以前の借入情報が抹消されているだけというケースも有り得る。)
WEBキャッシングの導入で、少人数で大量の申込みを処理する場合、このような、更新漏れなどのレアケースにまで、対応しきれていない可能性は大です。

【自分自身で対策するしかありません】
これは、管理人が、当サイト及び、姉妹サイトで、既に何度も、記事にしていることですが、このような、勘違い、誤解による否決は、申込者が自分で対策するほか、防ぎようがありません。
方法としては、今のところ以下の方法しかありません。
申込みフォームの【備考欄】に、自己破産や債務整理をしている場合は必ず記入しておく。
指定信用情報機関に開示請求をして、自分の信用情報に誤りがあれば訂正してもらう。

※現在、アローでは、「過去に自己破産や債務整理をした方」は審査対象としており、そのことは、隠す必要はありません。
むしろ、破産や債務整理をしているのに、「長期延滞者」と誤解をされて否決になることをいかに防ぐかが大事なポイントになります。



≪独自審査≫株式会社アローのWEBキャッシング!過去に自己破産・債務整理された方もまずはご相談下さい。(要審査)





関連記事

検索フォーム

最新記事

ようこそ

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ファイナンス
182位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
金融論
36位
アクセスランキングを見る>>

QRコード

QR

免責事項

当ブログの情報は、一部のサービスを除き、無料で提供されています。当サイトを利用したウェブサイトの閲覧や情報収集については、情報がユーザーの需要に適合するものか否か、情報の保存や複製その他ユーザーによる任意の利用方法により必要な法的権利を有しているか否か、著作権、秘密保持、名誉毀損、品位保持および輸出に関する法規その他法令上の義務に従うことなど、ユーザーご自身の責任において行っていただきますようお願いいたします。 当ブログの御利用につき、何らかのトラブルや損失・損害等につきましては一切責任を問わないものとします。 当ブログが紹介しているウェブサイトやソフトウェアの合法性、正確性、道徳性、最新性、適切性、著作権の許諾や有無など、その内容については一切の保証を致しかねます。 当ブログからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。